高野山観光 高野山観光

山門から庭園山門から庭園
山門から庭園

高野山開創1200年

阿弥陀如来

 高野山は、紀伊半島紀ノ川の南方に位置し、蓮の花びらのような八葉の峰々に囲まれた平原の聖地です。 弘法大師は、弘仁7年(816)に真言密教の根本道場とするため、嵯峨天皇に高野山下賜の請願を上表されました。
 これにより、嵯峨天皇から許可を賜り、七里四方の山林が弘法大師に与えられました。
 高野山の真言密教の聖地としての歴史はここから始まります。
 高野山を開創された最大の理由は、真言密教の修行道場の建立でした。 都の賑やかさを離れ、大自然に囲まれた深山高野の地こそが真言密教の修行に最適な場所だったのです。
 また、弘法大師はこの地を、自ら入定(永遠の瞑想/禅定)の地と定め、承和2年(835)3月21日「虚空尽き 衆生尽き 涅槃尽きなば 我が願いも尽きなん」(この世に身を留め、未来永劫に人々を救い続けます)との壮大なご誓願のもと、高野山奥之院に入定されました。
 高野山金剛峯寺は高野山全域を総称する山号寺号でした。高野山の中でも信仰の中心となる聖域が、檀上伽藍と奥之院です。 弘法大師御廟のある奥之院は、一の橋から約2キロの参道に樹齢数百年もの杉木立があり、20万基以上ともいわれる名だたる武将、諸大名をはじめ多くの方々の墓碑が建立され、弘法大師の遺徳をたたえています。
 また、数々の堂塔が立ち並ぶ壇上伽藍では、天保14年(1843)に焼失した中門の再建を計画しています。 弘法大師の密教伽藍構想の根本は、高野山の総本堂にあたる金堂の正面に中門を配し、金堂の後方左右に金剛界・胎蔵界の両部曼荼羅を表す西塔と大塔を配置することでした。 中門の再建は、弘法大師が構想された修行道場としての伽藍整備事業のみならず、弘法大師のご誓願を実現するために最も重要な事業です。
 高野山は開創以来、多くの僧侶が修行し、教えと文化を継承しています。 現在、117の寺院と商店とが一体となった町が形成され、52の宿坊があります。 宿坊での勤行、精進料理、写経や瞑想の修行体験。また、5万点にも及ぶ収蔵物を有する霊宝館では、1200年の歴史や文化に触れて頂く事が出来ます。
 来る平成27年(2015)は、悠久の星霜を経て高野山開創1200年に相当いたします。同年4月2日から5月21日まで50日間「生かせ いのち 大師のみおしえ いまここに」のテーマのもと、高野山開創1200年記念大法会を執り行います。



高野山見どころ高野山見どころ

高野山地図

弘法大師空海さまが、真言密教の根本道場として、高野山を開創したのは、今から1200年も昔でした。周囲を内八葉・外八葉の峰々に囲まれた、海抜1000mの山上の盆地は、東西6km、南北3km、周囲15kmの広さがあります。 聖地の清浄な大気の中で、他では得られない心の「やすらぎ」を覚えます。

  • 大門世界遺産

    金堂

    高野山開創時、当初の建物は鳥居でしたが、その後何度か建て替えられ、現在の建物は、宝永2年(1705)に再建。 両脇の金剛力士像は、江戸時代の仏師康意(阿形像)・運長(吽形像)の作です。

    【交通】遍照尊院から国道480号線沿いを約3分

  • 金堂世界遺産

    金堂

    高野山一山の総本山で、本尊と両部曼荼羅を修法する三壇をもつ密教の大堂です。 年中行事の大半がここで勤修されます。
    大師私願の堂として造営、完成後は嵯峨天皇御願の堂とされました。 現在の堂は昭和7年(1932)に再建、昭和9年(1934)落慶、四隅の八供養菩薩と裏堂の壁画は木村武山画伯の筆、両部曼荼羅は平清盛が自らの額を割った血で中尊を描かせた「血曼荼羅」です。
    薬師如来真言
    オン コロコロセンダリマトウギソワカ

    【交通】遍照尊院から国道480号線沿いを約3分(壇上伽藍内)

  • 根本大塔世界遺産

    金堂

    伽藍中心の塔として816年高野山開創のころより着手し、大師の真然の二代を費やして887年頃完成しました。 高さ約50m四面30m、中央に胎蔵大日如来、四方に金剛界四仏、周囲16本の柱には堂本印像画伯筆の十六大菩薩を配して曼荼羅を立像に顕し、壁には同画伯筆の八祖大師を描いています。現在の建物は昭和12年(1934)に再建、外壁塗り替えは平成8年(1996)完成。 北側の多聞天と持国天は江戸後期の作で、中門両脇の像ですが、現在は大塔内に仮安置されてます。
    大日如来(胎蔵界)真言
    アビラウンケン

    【交通】遍照尊院から国道480号線沿いを約3分(壇上伽藍内)

  • 御影堂世界遺産

    御影堂

    元は大師の持仏堂でしたが、ご入定後、実恵僧都が師の御影を安置する堂としました。 御影は真如親王が大師の生身を写され、大師御自らのご開眼にかかる、最も尊厳を尊ぶ御堂です。 旧暦3月21日旧正御影供の前日、御逮夜の時には年に一度だけ内拝ができます。
    御宝号 南無大師遍照金剛

    【交通】遍照尊院から国道480号線沿いを約10分

  • 霊宝館

    金堂

    高野山に伝わる国宝、重要文化財を始め、貴重な文化財を保存、展示する施設として、大正10年(1921)に建築されました。
    年間を通じて、常設展以外にも、特別展、企画展などの催しが開催されます。

    【交通】遍照尊院向かい

  • 金剛峰寺世界遺産

    金堂

    弘法大師の時代、金剛峯寺とは、高野山全体を示す名称でした。
    その後、文禄2年(1593)に豊臣秀吉の亡母の菩提を弔う為に建立された青厳寺が、明治2年(1868)に興山寺と合併。 以後、寺院を指す名称となりました。

    【交通】遍照尊院から国道480号線沿いを約7分

  • 女人堂

    金堂

    明治5年(1872)の女人禁制が解かれるまで、女性は高野山の周囲にある各所の女人堂(参籠所)から祈りを捧げました。
    現在、建物は不動坂口女人堂のみが現存し、当時の佇まいを留めています。

    【交通】遍照尊院から高野山駅前行きバスにて女人堂停留所下車。
    徒歩で約20分。

  • 奥之院世界遺産

    金堂

    弘法大師を祀る御廟の拝堂として建立。内陣には、長和5年(1016)両親菩提のために、孝女てるが髪を売って献じた「貧女の一灯」、白河上皇が献じた「白河灯」が今も絶やすことなく灯し続けられています。
    奥之院にはおびただしい数の五輪塔が祀られています。 密教の教えでは、宇宙は「空・風・火・水・地」の五つの要素から構成され、五輪塔の形はこれらから形作られています。

    【交通】遍照尊院から奥の院前行きバスにて奥の院前停留所下車。