遍照尊院について 遍照尊院について

朝のおつとめ山門前の路地
山門から庭園

遍照尊院の歴史遍照尊院の歴史


どっしりとした構えの中、繊細な伝統美と最上のくつろぎどっしりとした構えの中、繊細な伝統美と最上のくつろぎ



弘仁の昔、弘法大師が高野山開創にあたって、苦修練行された聖地で、内の八葉の一つ「遍照ヶ峰」の「遍照ヶ岡」に建立されています。
大師がこの地で修行された時、不思議と四囲が光明に輝き、香気林に満ち、摩訶毘慮遮那如来如意宝生の三昧を体得されました。
故に遍照ヶ岡と名づけられ、この地のご本尊両界大日如来の本院が建立され、その名もお大師様のご宝号のままの遍照尊院と称されました。
江戸時代には、津軽家との檀縁深く、その関係文献画像も数多く残されています。
その後、明治25年の大火で焼失しましたが、昭和9年の弘法大師御入定1100年ご遠忌を記念して再興に取り掛かり、50年を経て現在に至っております。




本堂

宗派名:高野山真言宗 準別格本山
本 尊:両界大日如来
寺 宝:本尊両界大日如来